タカハシホームの社員blog

高橋ホームをより理解していただきより良い情報を発信するブログです。

3月25日・26日に山元町で完成見学会を開催いたします。


今週の販売会のチラシをアップさせて頂きます

(´∇`)ノ゙



本日は3現場の見学会の最終日、おかげさまで多くのご来場を頂きまして、
感謝しております。

今回に引き続き、別の2現場で土曜日と日曜日に完成見学会を行わせて頂きます。
とても素晴らしい住宅が出来上がりましたので、
どうぞ、宜しくお願い致します

m(_ _)m


それでは、見学会に行ってきまーす!!(((((((っ・д・)

今日も良い出会いがありますように。

monnmasaam
sakumasama


3月18・19・20日オープンハウスを行います(*・∀・)ノ゙ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚

今週行われる見学会のチラシができましたヾ(´∇`)ノ゙
 sinnti
honnjinnmaeout

新地と、南相馬市鹿島区、南相馬市原町区で行います。

新地と南相馬市の方は完成見学会で、

こちらの住宅は

新地は71坪の二階建て、

南相馬は36坪平屋建てです♪

 

とても良い住宅なので、お時間の許させれるお客様は、

是非お越しください!!

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

桧の家3

issama

またまた総檜の家ですヾ(´∇`)ノ゙ 

今回は造作の家具や棚、目隠し等、様々な場所が手作りの住宅です。

「住宅に入ると空気感が爽やかで、よその家と違う。」と、

お客様によく言われることがありますが、

木材をふんだんに使うことによってもたらされる

フィットンチット効果なのではないでしょうか?

 

当社ではお客様とお話合いをしながら新しいご提案もしています。

打ち合わせの中では、お客様に教えて頂ける事も多く、

良い部分を積極的に取り入れさせて頂いて、

デザインのバリエーションを増やしていきたいと思います。

 

今月、お引渡しの住宅が多く、

大変ありがたい事に3月18、19、20と25、26で、

4件の住宅で完成見学会を行わせて頂ける事になりました。

場所は山元町や南相馬です。

 

お問い合わせいただいたお客様や

前回見学会にいらっしゃっていただいたお客様には、

ダイレクトメールにてお知らせさせて頂きます。

 

是非お時間が許されるようならご見学してみてください。

どの住宅もちょっと空気が違うはずです。(@´Å`@)

 

投稿者 大介

 

桧の家2

引き続きひのきの家の写真です。

今回は日本的な平屋建ての住宅です。

こちらも去年12月にお引渡しさせて頂いた住宅で、

桧のテーブルと欅のテーブルも作らせて頂きました。

 

当社は白石市にある300坪の倉庫に

社長がまるで、半ば道楽(※そのような事はありません)で集めたような

銘木が天然乾燥されています

|0|

 

国産の桧で建てた「檜の家」です。

(玄関の尺物の柱と上がり框はケヤキです。)

名称未設定-1

材木研修in秋田

㈱角繁さんで行われたセミナー販売会の為、秋田に行ってきました!
幼少時に秋田へ一度行ったきりなので、2度目の秋田です
(その時の記憶は全然ないですが…。。)
簡単に行ったところのことでも書こうかと思います。


色々な工務店さん方と合同でバスにて行ったので賑やかに秋田へ(´▽`*)
途中錦秋湖SAにて昼食休憩を取りましたが・・・


雪が多い( ゚Д゚)!!

IMG_2515

宮城とこんなにも違うとは。。
でも雪景色はとても綺麗で、雪遊びする分にはよさそうです(´▽`*)笑



販売会へ到着!の前に・・・
ある所へ見学へ行ってきました。

ココです!(*'▽')

IMG_2517


国際教養大学の図書館に見学に行ってきました!
コロセウムをテーマにした半円型の、木造と鉄筋コンクリートの複合建物です。
様々な建築賞にも受賞した有名な建築物らしいです!

学生だったら、毎日いきたいくらい落ち着けそうな場所でした
僕の場合落ち着きすぎて寝ちゃいそう…(/ω\)
みなさまも秋田に足を運んだ時は是非ご覧になってみてください。




・・・さて、図書館も満喫したところで遂に到着です!
IMG_2527

こういった販売会は初なので全く想像がつきませんでしたが、
業者さんから一般人の方まで人がたくさんいてお祭りのようでした(笑)

各倉庫にヒノキ、秋田杉など高級な一枚板から、柱などの材料まで
見渡す限り材木でした( ゚Д゚)
IMG_2524


IMG_2526

値打ちや、良い材料の見分け方は私にはまだ分かりませんが、
この木はケヤキだ!ヒノキだ!とすこ~し分かったてきたのは嬉しいです
とても勉強になりました

木を知るには実際にみて、経験して覚えるのが一番との事なので
これからも木と触れ合って学んでいければと思います
まだまだ勉強勉強。。



投稿者:土田
記事検索